活動方針


岩手食文化研究会2017年度 特別講演


内容

 本年度は岩手食文化研究会創立20周年にあたります。 平成18年には「岩手に残したい食材30選:(社)農山漁村文化協会」を発刊しておりますが、創立20周年にあたり、岩手の食材を集めた「続・岩手に残したい食材30選」を発刊します。
その中で取り上げた、岩手県が原生地である希少種「イワテヤマナシ」の研究者として著名な神戸大学片山寬則先生をお招きしてお話をうかがいます。


日時

平成29年6月24日(土)15:00~17:00


場所

岩手大学講義室G19(学生センターA棟)

内容

テーマ:「岩手の宝 イワテヤマナシ」
講 師:片山寬則氏(神戸大学准教授)
参加負担金:無料。「続・岩手に残したい食材30選」(定価1,500円)を特別頒布@1,300円。

申込み

下記の通信票又はメールにてお願いします。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会2016年度総会及び特別講演会


内容

 下記により2016年度総会及び特別講演会を開催いたしますのでご案内申し上げます。特別講演会は「よみがえりのレシピ」(2014年に当研究会例会及び盛岡フォーラム等で上映)で知られる映画監督・渡辺智史氏による講演と映画上映「在来作物で味覚のレッスン」(短編ドキュメンタリー)です。氏は、「子どものたち味覚や感性が地域の食文化や環境を守ることにつながる」との思いから、映画製作・上映とともに郷土の食材・料理を通した食育のイベントを全国で展開中です。 皆様お誘いあわせのうえ奮ってご参加ください。


日時

2016年6月25日(土)


場所

アイーナ7階・県立大学アイーナキャンパス「学習室4」(盛岡市盛岡駅西通1-7-1)


〇総会(会員) 13:30~14:30 (受付 13:00~)

〇特別講演会
主催 岩手食文化研究会/岩手県食育推進ネットワーク会議
<一般公開 参加費:無料> 15:00~16:30 (受付 14:30~)
・演 題 「在来作物で味覚のレッスン」〜地域の食文化を、未来を担う子供たちに伝えたい〜
       講 師:渡辺智史 氏(映画監督、1981年生、山形県鶴岡市出身)

映画上映「在来作物で味覚のレッスン」(短編ドキュメンタリー、渡辺智史監督作品)

*懇親会:17:00頃~ 
   会場 「濱野井・マリオス店」(盛岡駅西口マリオス4F ℡019-624-2202 )
   参加費 4000円 会員以外の方も是非ご参加下さい。


申込み

6月18日(土)までに、下記の通信票又はメールにてお願いします。欠席される方も会員の継続等と併せ報告をお願いいたします。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会例会<食・農塾>のご案内
現地研修 「種採り百姓 田村和大さんの畑を訪ねる」
講師 自然栽培農家・「Cosmic Seed」主宰 田村和大 さん


内容

 風土に合った健康な食べものを生産しようと考える田村さん(会員、1980年生まれ)は、固定種野菜を無農薬無肥料栽培で育てるとともに、固定種野菜の自家採種行いその普及にも力を入れており、ご自身を「種取り百姓」と称しています。http://cosmicseed.org/profile.html
今回は、田村さんの畑を訪ね固定種野菜の栽培や採種を見学しお話をうかがいます。皆様奮ってご参加ください。


日時

4月9(土)13:30~15:00頃


場所

田村和大さんの畑 (盛岡市羽場13−176−2)


参加費

会員500円、一般1000円、学生 無料


日程

13:00 岩手大学本部前(正門を入り右手) 集合・出発 
     *会場の駐車スペース(3台以内)の関係で分乗していく予定
13:20 「羽場小学校向かいのコンビニ」着 → ここから田村さんの道案内
13:30 田村さんの畑に到着
お話と見学
     講師 田村和大さん 自然栽培農家・「Cosmic Seed」主宰 
15:00頃 閉会、出発 → 岩手大学着・解散

申込み

4月5日(火)までに田沢光正宛お願いします。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会例会<食・農塾>のご案内
~「新年会」岩手の食財をフレンチで味わう~


内容

 今回は、岩手の食財(食材)をフレンチで味わい、楽しく語り合う2016年「新年会」です。会場はフランス料理の名店「モン・フレーブ」(ホテル・ニューウイング2階)。料理長 狩野美喜雄 氏から料理の解説もいただく予定です。
飲み物代は別会計自己負担としましたので、料理に合わせお好みの高級ワインや純米大吟醸酒なども存分にお楽しみいただくこともOKです。
皆様、お誘いあわせのうえ奮ってご参加下さい。


日時

1月23日(土)18:00 ~ (17:45〜 開場・受付)


場所

フランス料理「モン・フレーブ」
   (ホテルメトロポリタン盛岡NEW WING 2階】盛岡市駅前北通り2-27 電話019-625-626)
    http://www.metro-morioka.co.jp/restaurant_list/mont/


料理のお話

ホテルメトロポリタン盛岡 西洋料理 料理長 狩野美喜雄 氏


参加費

5000円 (一般、学生も同じ)
    (コース料理代を含みますが、飲み物は各自の負担となります)


申込み

1月13日(水)までに、田沢光正宛お願いします。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会例会<食・農塾>のご案内
現地研修 「地場産食材の流通を学ぶ -盛岡食材加工センター-」
講師 盛岡食材加工センター 理事長 重石桂司 氏


内容

 農産物や加工食品の海外依存度の増大は、今後の地域農業、安全、安心な食品の供給、地球環境、さらには地域の食文化の継承などの面で多くの難題を生じさせています。
 このような中で、「地場産の食材を効率的に消費者に供給する食品流通の仕組みを組み立てる施設」として「盛岡食材加工センター」(平成7年度設立)が稼働しています。
 今回は、この施設の理事長であり当研究会の世話人でもある重石桂司氏に施設の見学とご講演をお願いいたしました。
皆様、お誘いあわせの上奮ってご参加下さい。


日時

12月13(日)13:30~


場所

盛岡食材加工センター(盛岡市湯沢6地割24番地1 TEL 019-639-1101)


参加費

会員500円、一般1000円、学生 無料


プログラム

13:15 受付開始
  13:30 開会・挨拶
      講演・施設案内
      講師 盛岡食材加工センター理事長 重石桂司
      http://morioka-fpc.or.jp/index.html

15:30 閉会・挨拶


申込み

12月9日(水)までに田沢光正宛お願いします。
*現地集合・解散です。会場に駐車スペース有ります。
**事務局のクルマに若干名同乗可です(マリオス1階前でピックアップする予定)。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会例会<食・農塾>のご案内
講演 「豊受大御神を祀る大宮神社、直会の伝統どじょう汁を守る」
講師 大宮神社宮司 鈴木亜希子氏


内容

 大宮神社(盛岡市大宮)は1200年の歴史をもつ県内最古の神社と言われています。祭神は食の神様である豊受大御神(天照大御神の御饌の神として伊勢神宮外宮に祀られている)です。大宮神社の例大祭(8月17日)では活きたどじょうを献上し、直会ではどじょう汁が振舞われることが続いています。
今回は大宮神社宮司 鈴木亜希子氏より「豊受大御神を祀る大宮神社、直会の伝統どじょう汁を守る」と題しご講演いただきます。ご厚意により大宮神社・拝殿を会場とすることができました。
皆様、お誘いあわせの上奮ってご参加下さい。


日時

9月26(土)14:00~15:30頃


場所

「大宮神社・拝殿」(盛岡市本宮字大宮51 TEL:019-635-1229)


参加費

会員500円、一般1000円、学生 無料


プログラム

13:40 受付開始
14:00 開会・挨拶
     参拝
     講演 「豊受大御神を祀る大宮神社、
      直会の伝統どじょう汁を守る」 
     講師 本宮神社宮司 鈴木亜希子氏
15:30 閉会・挨拶


申込み

9月19日(土)までに田沢光正宛お願いします。
*現地集合・解散です。会場に駐車スペース有ります。
**事務局のクルマに若干名同乗可です(マリオス1階前でピックアップする予定)。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会例会<食・農塾>のご案内
~ 現地研修「夏の沢内イタリアンで堪能」~


内容

 西和賀町では、「西和賀まるごと食ってみでけろ隊」の若者有志の皆さんが地域食材のPR活動に力を入れています。昨年12月には西和賀食材をイタリアンにアレンジしたディナーイベントを行い、好評を得られました。今回はメンバーが夏バージョンを取り入れてコース料理を再現してくださいます。この機会に、西和賀の取り組みを聞きながら、沢内の古民家レストランでの夏の夜の風情をゆったりと楽しんでみたいと思います。


日時

8月1日(土)18:00~20:30ごろ


場所

「てづくり料理母ちゃんの店わがや」
 (西和賀町沢内川舟3-647-1 TEL:0197-85-5320)


参加費

会員・一般5000円(食事代のみ。ドリンク代は別途実費。現地で徴収。交通費・宿泊費は別途)


講師

「西和賀まるごと食ってみでけろ隊」の皆さん、渡辺哲哉さん(会員)


プログラム

17:50まで 会場(=「わがや」)集合
18:00~   開会・レクチャー(18:30ごろからディナー)
20:30ごろ  閉会


移動手段

「マイカー」又は「銀河交通シャトルバス」(⇒宿泊の方のみ無料で往復利用可。盛岡駅西口のバス乗り場29番から、当日14時50分発の大型バスです。復路は2日の午前9時50分ホテル発。いずれも途中で乗り換え有り。往路・復路ともに事前予約が必要ですので、下の欄にご記入ください。)
 【注:盛岡⇔沢内の岩手県交通バスは、土日は上下とも1本ずつです。ご注意ください。】

宿泊希望の方

現在、「ホテル森の風 沢内銀河高原」(会場から徒歩約10分)を4部屋おさえてあります。
朝食込み・消費税込みで、1部屋1名利用12,800円、2名利用時9,800円/人、3名利用時8,800円/人です。
別途、一人150円の入湯税が必要。宿泊希望の方は同室者の有無もご記入ください。
キャンセル料は2日前より発生。ご不明の点は事務局・山田までお知らせ下さい(携帯:090-2973-9605)。


申込み

7月17日(金)までに、移動手段、宿泊の有無を記載し田沢光正宛お願いします。
ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




岩手食文化研究会2015年度総会及び特別講演会


内容

 下記により2015年度総会及び特別講演会を開催いたしますのでご案内申し上げます。特別講演では、二戸市下斗米で農家レストラン「米田(まいた)工房そばえ庵」を営む米田カヨさんをお招きし「郷土食、伝えたい『本物の美味しさ・技・思い』」と題しお話いただきます。米田さんの郷土伝承活動など長年の功績に、2014年度農山漁村女性・シニア活動表彰・農林水産大臣賞(最優秀賞)が贈られております。
皆様お誘いあわせのうえ奮ってご参加ください。


日時

2015年6月20日(土)


場所

アイーナ7階・県立大学アイーナキャンパス「学習室4」(盛岡市盛岡駅西通1-7-1)


〇総会(会員) 13:30~14:30 (受付 13:00~)

〇特別講演会
主催 岩手食文化研究会/岩手県食育推進ネットワーク会議
<一般公開 参加費:無料> 15:00~16:30 (受付 14:30~)
・演 題 郷土食、伝えたい「本物の美味しさ・技・思い」
       講 師:米田カヨ 氏  食の匠/農家レストラン米田工房そばえ庵主宰
           (二戸市下斗米字十文字24‐2. 電話番号, 0195-23-8411)
            2014年度農林水産大臣賞(農山漁村女性・シニア活動表彰)

*懇親会:17:00頃~ 
   会場 JUEN・ジュエン(盛岡駅ホテルメトロポリタン盛岡4F ℡019-629-2612)
   参加費 5000円 会員以外の方も是非ご参加下さい。


申込み

6月13日(土)までに、下記の通信票又はメールにてお願いします。欠席される方も会員の継続等と併せ報告をお願いいたします。

ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




お話「盛岡界隈 餅菓子の話 あれこれ」
語り手 菅野俊子さん <御菓子舗梅月堂>


内容

 今回は、盛岡地方の餅菓子文化をとりあげることにいたしました。お話くださるのは、盛岡市本町通一丁目(大手先)にある御菓子舗梅月堂の菅野俊子さんです。大正元年創業以来の手作りの味を店主である御子息と守っていらっしゃいます。県南地方の餅文化とともに誇るべき盛岡地方の餅菓子文化(べんじぇもの)の話あれこれを試食とともに味わいたいと思います。皆様、奮って御参加下さい。


日時

4月12日(日)13:30~15:30頃


場所

岩手県民会館第3会議室
 (盛岡市内丸13-1 TEL.019-624-1171)


参加費

会員500円 一般1000円 学生 無料


プログラム

13:10 開場・受付
13:30 開会・挨拶
13:35 お話「盛岡界隈 餅菓子の話 あれこれ」
     語り手  菅野俊子さん
     創業 大正元年 御菓子舗梅月堂
     (盛岡市本町通一丁目9番40号 電話:019-622-5042)
15:30頃 閉会・挨拶



申込み

4月8日(水)までに、田沢光正宛お願いします。
ファックス:019-651-6689  e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp
電話:090-1063-4866




渡邉里沙氏「里の幸会」を語る


内容

 今回は、「里の幸会」-地元の食材を使った料理を食べながら生産者と語り合える場所-を主催している渡邉里沙氏(有限会社秀吉)から御講演いただくとともに、「里の幸会」の会場である「アーヴァーズ」の料理を味わい楽しむという「講演会+食事会・新年会」です。


日時

平成27年1月19日(月)18:00〜


場所

イタリアンダイニング アーヴァーズ」
盛岡市菜園1-12-6 アーヴァーズビル1F (TEL.019-654-3751)


参加費

会員4500円 一般5000円


プログラム

17:45 開場・受付
18:00 開会

I 講 演/「里の幸会」を語る(仮題)

  講 師/渡邉 里沙 氏
  (有)秀吉 営業企画部長
   (食の一口オーナー事業、岩手の食材販売事業、 食と農のコンサルティング事業など)


II 食事会 ・新年会

(渡邉里沙氏も御参加の予定です)


20:30頃 閉会


お問い合わせ

岩手食文化研究会/電話:090-1063-4866(田沢)




現地研修「前田千香子さんと気仙茶を訪ねる」


内容

 いま、日本各地で「在来作物」や「伝統作物」が注目されています。こうした作物はその土地に根付いた食文化に欠かせない食材として、また現代的な活用が期待される資源として、新たな光があてられています。
 今回は、日本の東西でこうした在来作物を生き継がせ、活用しようと奮闘してこられた方々にお越しいただき、現代および今後の食と農について考えたいと思います。
 特別講演では、山形県庄内地方を中心に、在来作物の発掘・保存・普及などの取り組みを精力的に行ってこられた経緯やそのネットワークの広がり、そして今後の課題について、山形在来作物研究会会長の江頭先生にご講義いただきます。また、シンポジウムでは、各地で受け継がれてきた作物や食文化をあらためて見つめながら、ご参加の皆さんと食と農の今後を展望していきたいと思います。


日時

平成26年10月25日(土)8:30〜17:30頃


場所

気仙大工左官伝承館(陸前高田市小友町字茗荷1-237 TEL:0192-56-2911)
小友地区等の茶畑


参加費

会員2500円 一般3000円(食事代を含む 現地で徴収 交通費は別途)


次第

8:30 集合・出発(岩手大学本部前 正門から入って右側)
11:30 気仙大工左官伝承館着(現地集合)〜昼食〜講話〜気仙茶の茶畑見学(お花見)
15:00 現地発(現地解散場所)
17:30 岩手大学着

移動手段

「マイカー」又は「参加者のクルマに相乗り」


お問い合わせ

岩手食文化研究会/電話:090-1063-4866(田沢)


岩手食文化研究会定例会〈食・農塾〉


内容

 昨年12月の例会で「気仙茶がおいしい訳」と題し気仙茶を守る活動をされている前田千香子さんに御講演いただきました。今回は前田さんのご案内で現地を訪ねることにいたしました。お茶の花見の時期でもあります。


日時

平成26年9月27日(土)14:00〜18:30頃


場所

盛岡市勤労福祉会館 3階研修室兼展示室
(盛岡市紺屋町2-9 TEL.019-654-3480)


参加費

会員500円 一般1000円


プログラム

13:30 開場・受付


14:00 開会

I 講 演  グロバリゼーション下の日本の食料・農業をめぐる基本問題

 講 師  横山 英信 先生
(岩手大学副学長 教授 人文社会科学部 法学・経済課程 農業経済論 担当)


16:00 休憩・準備


16:30

II ドキュメンタリー映画「よみがえりのレシピ」の上映

(渡辺智史監督のご挨拶があります)

18:30 閉会


お問い合わせ

岩手食文化研究会/電話:090-1063-4866(田沢)




黛まどかさんと歩く「そばの花見会・子ども俳句教室」


内容

そばの花見会、今年は俳人黛まどかさんをお招きして開催します。どうぞ、ご参加ください。


日時

平成26年8月23日(土)受付10:00〜 開会式10:30


場所

葛巻町江刈川


集合場所

赤い屋根の分校(旧江刈川分校)


募集人員

先着50名様


参加費

●お酒を飲む人:3500円 ●お酒を飲まない人:2500円
親(1人)2000円 子ども(1人)500円 の方はお安くします。


そばの花見ウォーク

10:50~12:00 長袖、長ズボンなど歩ける服装・靴でご参加ください。

休まず歩くと往復20分ぐらいのコースを1時間ぐらいで回ります。
その間に、デジカメで写真を撮ったり、俳句を作って楽しみましょう!
もちろん「そんなの苦手」という方は、そばの花見だけでもOK!
  (案内人:髙家卓範)


そばの花デジカメ写真コンテスト

1人1点、その場でプリントし、展示表彰します。

 (デジカメの機種によってプリントできないときはご容赦を)


そばの花俳句大会

そばの花で句を詠んでください。1人2句まで。交流会後表彰します。

●選者/俳人:黛 まどか さん


交流会

12:00~14:20

みち草の驛、森のそば屋の料理とちょっと美味しいお酒をお楽しみください!


子ども俳句教室

子ども俳句教室『季語かるた』で遊ぼう

13:00~14:20

「トコトコ季語かるた」を使って、遊びながら俳句のルール、リズムを体感します。
3歳以上小学校低学年の親子10組程度(そばの花見会参加の方は授業参観及び交流タイムをどうぞ)
●講師/俳句座☆シーズンズ 和田 始子 さん


黛まどかさんによるトーク&表彰式

14:20~14:50

15:00〜 締めはお蕎麦で(森のそば屋にて)


お酒を飲む方へ

☆赤い屋根の分校に宿泊可(寝袋持参)《若干の布団あり》
☆分校の校庭にテントor車中泊可(いずれも要相談)


お問い合わせ

森のそば屋(TEL.0195-66-4111)


主 催

森のそば屋・みち草の驛

後 援

葛巻俳句会



岩手食文化研究会 特別講演・シンポジウム
「在来作物から見る、食と農」


内容

 いま、日本各地で「在来作物」や「伝統作物」が注目されています。こうした作物はその土地に根付いた食文化に欠かせない食材として、また現代的な活用が期待される資源として、新たな光があてられています。
 今回は、日本の東西でこうした在来作物を生き継がせ、活用しようと奮闘してこられた方々にお越しいただき、現代および今後の食と農について考えたいと思います。
 特別講演では、山形県庄内地方を中心に、在来作物の発掘・保存・普及などの取り組みを精力的に行ってこられた経緯やそのネットワークの広がり、そして今後の課題について、山形在来作物研究会会長の江頭先生にご講義いただきます。また、シンポジウムでは、各地で受け継がれてきた作物や食文化をあらためて見つめながら、ご参加の皆さんと食と農の今後を展望していきたいと思います。


日時

平成26年6月14日(土)


場所

岩手県立大学アイーナキャンパス「学習室1」
(盛岡市盛岡駅西通1-7-1 いわて県民情報交流センター(アイーナ)7F) TEL:019-606-1770


参加費

無料


次第

14:00 受付
14:10~15:10

特別講演「山形における在来作物をめぐる活動と今後の課題」

講師:江頭宏昌 氏
(山形大学農学部 食料生命環境学科 准教授/山形在来作物研究会 会長)


15:20~16:30

シンポジウム「在来作物を通して現代の食と農を考える」


【シンポジスト】

  • 江頭宏昌 氏(「山形在来作物研究会」会長)
  • 山根成人 氏(「ひょうごの在来種保存会」顧問)
  • 高家卓範 氏(岩手県葛巻町「森のそば屋」店主)

お問い合わせ

岩手食文化研究会/電話:090-1063-4866(田沢)
岩手県立大学総合政策学部(担当:山田)/電話:019-694-2700(学部事務室)




~ 現地研修「タイマグラを訪ねる」~


内容

岩手食文化研究会では、2010年度総会において映像作家澄川嘉彦さんによる講演「早池峰山麓タイ マグラの暮らし」を、同年12月の例会では映画「タイマグラばあちゃん」を鑑賞しました。今回は澄川さんにコーディネートしていただき、現地タイマグラを訪ねることにいたしました。映画にも登場する奥畑光幸さん・山代陽子さんの民宿「フィールドノート」で「ばあちゃん」の味噌などタイマグラの食文化も味わう予定です。


日時

平成25年7月7日(日)


場所

宮古市江繋タイマグラ、民宿「フィールドノート」(TEL.0193-78-2888)


参加費

会員2,000円 一般2,500円 (食事代を含む 交通費は別途)


スケジュール

9:00 集合・出発(岩手大学本部前 正門から入って右側)
   ⇒国道106号、国号340号、県道25号
11:00早池峰山荘着 オリエンテーション
11:30民宿「フィールドノート」着
   昼食
   散策「タイマグラばあちゃん」の家や畑
   講話 山代陽子さん 「タイマグラの暮らし」(仮題)
15:00現地発
   ⇒盛岡方面へ (帰路未定)
17:00 岩手大学着


移動手段

・「マイカー」及び「参加者のクルマに相乗り」とします。
・直接現地集合(11:00早池峰山荘)も可です。


申込み

6月16日(日)までに、田沢光正宛お寄せ下さい。
※6/25現在の受付の可否については要お問合せください
ファックス:019-651-6689
e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp


参加申込書はこちらからダウンロードしてください。(Word形式)
申込用紙ダウンロード




岩手食文化研究会2013年度総会及び特別講演会


内容

下記により2013年度総会及び特別講演会を開催いたしますのでご案内申し上げます。特別講演会は、兵庫県を中心に在来種の保存活動に長く尽力されている山根成人氏(「ひょうごの在来種保存会」代表)を講師にお招きし、「伝統野菜など在来種保存の重要性」と題するご講演をいただきます。現代の農と食を「種採り」の側面からもお話いただく予定です。皆様奮ってご参加ください。


日時

平成25年6月23日(日)総会(会員)   13:15~(13:00受付開始)
           特別講演会(公開)14:30~(14:15受付開始)


場所

大通会館リリオ 2階「カルチャールーム」(盛岡市大通一丁目11-8)


参加費

会員500円 非会員1,000円


懇親会

*懇親会:17:00頃~ 会場:千鳥(盛岡市菜園2-4-21 ℡019‐623‐2338)

   参加費:4,500円前後 会員以外の方も是非ご参加下さい。

スケジュール

●総会(会員)   13:15~14:15(受付 13:00~)
●特別講演会(公開)14:30~16:30(受付 14:15~)

<主 催 岩手食文化研究会/岩手県食育推進ネットワーク会議>

〇講師:山根成人氏 「ひょうごの在来種保存会」代表
〇演題:「伝統野菜など在来種保存の重要性」


申込み

6月16日(日)までに、田沢光正宛お寄せ下さい。
ファックス:019-651-6689
e-mail:m-tazawa@flute.ocn.ne.jp


参加申込書はこちらからダウンロードしてください。(Word形式)
申込用紙ダウンロード